ホーム弁護士等紹介 >藤田 清文

弁護士紹介

弁護士

藤田 清文 (ふじた きよふみ)

  • 東京事務所
  • 昭和47年7月
  • e-mail: k-fujita@yglpc.com
  • ダイヤルイン: 03-6267-1224

取扱業務

M&A組織再編等コーポレートガバナンス企業不祥事・コンプライアンス金融関連法務金融関連規制金商法関連業務証券化・流動化アセットマネジメントファンド組成及び運営債権回収事業再生・倒産行政独禁法訴訟・紛争

ご挨拶

企業活動を取り巻く様々な問題に適切に対処するためには、法律とビジネスに対する深い理解とバランス感覚が求められます。
弁護士として、法律とビジネスの橋渡しの役目を果たすとともに、皆様のリスク管理の向上のため、より専門的かつ実践的なリーガルサービスをご提供できるよう全力を尽くす所存です。

  • ■学 歴
    平成 3年 3月 私立洛星高校卒業
    平成 9年 3月 東京大学法学部卒業
    平成 9年11月 司法試験合格
    平成16年 9月 神戸大学大学院経営学研究科修了(MBA)
    ■経 歴
    平成12年 3月 司法修習終了(修習52期)
    平成12年 4月 弁護士登録
             当事務所入所
    平成16年 6月 金融庁検査局勤務(〜平成18年6月)
    平成18年 7月株式会社フェリシモ 社外監査役
    平成20年 3月日土地アセットマネジメント株式会社 コンプライアンス委員会外部委員(現任)
    平成21年 8月フィンテックアセットマネジメント株式会社 コンプライアンス委員会特別委員
    平成26年 5月株式会社フェリシモ 社外取締役(現任)
    平成28年 6月いちごグリーンインフラ投資法人 監督役員(現任)
  • 「5%ルールの改正と金融機関の事業再生支援」
    銀行研修社(『銀行実務』2014年9月号)
    平成22年度金融検査基本方針の概要と金融検査の方向性
    銀行研修社(『ファイナンシャルコンプライアンス』2010年12月号)
    金融円滑化法管理方針の作成と取締役・取締役会の責任
    銀行研修社(『ファイナンシャルコンプライアンス』2010年4月号)
    「事業再編のための企業価値評価の実務」
    (共著)民事法研究会
    「倒産・事業再編の法律相談」
    (共著)青林書院
    「最新事業再編の理論・実務と論点」
    (共著)民事法研究会
    「管財実務のための新会社更生の理論・実務と書式」
    (共著)民事法研究会
    「1問1答改正会社更生法の実務」
    (共著)経済法令研究会
    「Q&A民事再生法の実務」
    (共著)新日本法規
    「1問1答個人債務者再生の実務」
    (共著)経済法令研究会
    「Q&A個人再生手続 淀屋橋合同法律事務所編」
    (共著)商事法務研究会
    「新破産法の理論・実務と書式(事業者破産編)」
    (共著)民事法研究会
    「新版1問1答破産法大改正の実務」
    (共著)経済法令研究会
    「ベンチャー企業に対する支援法制」(『ビジネス法務』2004年10月号)
    中央経済社
  • 2013年11月シグマベイスキャピタル株式会社 主催 「会社法改正によるM&A実務への影響 〜会社法改正要綱を踏まえた実務上の課題〜」
    2013年 2月株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ、弁護士法人淀屋橋・山上合同 主催 企業法務・金融特別セミナー『会社を変える!企業の再発見』
    2012年 5月株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ、弁護士法人淀屋橋・山上合同 主催 「M&A・事業再編を成功に導く企業価値評価の活用法」〜法務・財務・不動産のプロフェッショナルが伝授する『企業価値評価のノウハウ』〜

▲このページのトップへ