ホーム事務所紹介 > 法人理念と沿革

法人理念と沿革

法人理念

私たちは、世界中の人々のあらゆる法的ニーズに応えることを目指しています。

事務所の沿革

弁護士法人 淀屋橋合同

昭和34年(1959年) 4月
米田実法律事務所を開設
昭和51年(1976年) 1月
米田合同法律事務所の名称で、パートナーシップによる共同事務所となる
昭和60年(1985年) 4月
淀屋橋合同法律事務所と改称
平成14年(2002年) 4月
パートナー全員を社員として法人化し、「弁護士法人淀屋橋合同」を設立
平成14年(2002年) 4月
東京都港区に東京事務所を開設

山上法律事務所(山上和則の略歴)

昭和37年(1962年) 3月
大阪大学工学部卒業
昭和40年(1965年) 3月
中央大学法学部卒業
昭和43年(1968年) 4月
弁護士登録
昭和47年(1972年) 6月
米国ウイスコンシン州立大学ロー・スクール修士課程修了
昭和47年(1972年)8月~
1年間、米国カリフォルニア州グラハム・アンド・ジェームズ法律事務所勤務
昭和48年(1973年) 9月
山上法律事務所開設
平成 4年(1992年) 6月
日本弁護士連合会知的所有権委員会委員長
平成 4年(1992年) 11月
通産省産業構造審議会 知的財産政策部会臨時委員会
平成 6年(1994年) 12月
世界知的所有権機関(WIPO)の仲裁人・調停委員
平成10年(1998年) 2月
日本ライセンス協会(LES)会長
平成12年(2000年) 5月
日本商事仲裁協会理事

弁護士法人 淀屋橋・山上合同

平成15年(2003年) 4月
山上法律事務所と合併し、「弁護士法人 淀屋橋・山上合同」を設立
平成18年(2006年) 5月
東京都千代田区に東京事務所を移転

▲このページのトップへ