弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

債権譲渡特例法の改正

Q1
債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律が一部改正されたと聞きましたが、主要な改正点は何ですか。
Q2
動産譲渡に係る登記制度が創設されましたが、その目的は何ですか。
Q3
動産譲渡に係る登記の対象としては、個人の所有する動産にも適用がありますか。
Q4
動産譲渡登記の目的物として、集合動産は含まれますか。貨物引換証が作成されているものはどうですか。
Q5
自動車、船舶などの他に登録制度がある動産について、動産譲渡登記ができますか。
Q6
登記の対象となる動産譲渡の目的は、担保目的に制限されますか。
Q7
動産譲渡登記がなされるとどのような効果がありますか。登記されている動産が、別の第三者に引き渡されたときはどうなりますか。
Q8
動産譲渡登記がなされている動産の即時取得はどのように考えられますか。
Q9
動産譲渡登記の存続期間に制限はありますか。
Q10
動産譲渡登記の登記事項は、どのようなファイルになりますか。法人登記簿に記録されないのはなぜですか。
Q11
動産譲渡登記の登記事項は、どのように開示されますか。登記事項の開示が2段階に分かれているのはなぜですか。
Q12
債権譲渡登記制度に関し、債務者を特定していない将来債権の譲渡の登記ができるようになった趣旨は何ですか。
Q13
将来債権の譲渡に関する登記をなすときに、譲渡に係る債権の総額を登記事項とする必要がなくなったのはなぜですか。
Q14
債務者不特定の将来債権を譲渡する場合の登記の存続期間はどのようになりましたか。
Q15
債権譲渡登記の登記事項の開示に関し、改正された点は何ですか。
Q16
債権譲渡登記の登記事項の概要ファイルとは何ですか。かかる制度が創設された趣旨は何ですか。
Q17
債権譲渡登記、動産譲渡登記の登記事務は、どこの法務局で行われますか。
Q18
この改正法は、いつから施行されますか。