弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

労働審判法

Q1
労働審判法はどのような経緯で成立したのですか。
Q2
労働審判法はどのような法律ですか。
Q3
労働審判法はいつ成立して、いつから施行されるのですか。
Q4
どのような紛争が労働審判手続の対象なのですか。
Q5
労働審判の管轄について教えてください。
Q6
労働審判手続では、誰が主体となるのでしょうか。
Q7
労働審判手続の代理人は誰でもできるのでしょうか。
Q8
労働審判はどのように申し立てるのですか。
Q9
労働審判手続はどのように進められるのですか。
Q10
労働審判における主張・立証のどのような特色があるのでしょうか。
Q11
どんな場合でも3回以内の期日で審理が終了するのでしょうか。
Q12
労働審判手続を申し立てるにはどのような点に気をつけなければならないのでしょうか。
Q13
労働審判手続の相手方になりました。どのような点に気をつける必要があるのでしょうか。
Q14
労働審判を申し立てられましたが、通常訴訟しか応じるつもりはありません。どのような対応が考えられますか。
Q15
労働審判手続の中で話し合い(調停)はできますか。
Q16
最終的に決定される労働審判はどのような内容になるのでしょうか。
Q17
労働審判に不服がある場合はどのようにすればいいのですか。
Q18
労働審判はどのように訴訟に移行するのですか。
Q19
労働審判手続ができたことにより、労働事件がどのように変化するのでしょうか。
Q20
これまでの保全事件(労働者たる地位保全の仮処分、賃金仮払仮処分など)との関係はどうなるのでしょうか。