弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

労働契約法

Q1
労働契約法はどのような経緯で成立し,いつ施行されたのですか。
Q2
契約法上の「労働者」「使用者」とはどのような人のことで,労働基準法とどう違うのでしょうか。
Q3
契約についてどのような原則が規定されたのですか,またその効力はどのようなものですか。
Q4
4条,5条は何故規定されることになったのですか?その意義について教えてください。
Q5
労働契約はどのようにして成立するのですか?労働契約と就業規則との関係はどうなっていますか?
Q6
労働契約の内容はどのような場合に変更されるのですか?就業規則による変更はどうすればいいのですか。
Q7
就業規則違反の労働契約の効力はどうなりますか。就業規則が法令や労働協約に違反する場合はどうですか。
Q8
「出向」や「懲戒」についてどのような定めがありますか。
Q9
解雇についてはどのような制限がありますか?これまでの実務と変更点はありますか。
Q10
期間の定めのある労働契約の期間途中の解雇については,どのような定めがありますか。実務上の変更はありますか。
Q11
有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換とはどのよう仕組みのことをいうのですか。
Q12
雇い止め法理の法制化について教えてください。
Q13
期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止に関する規定はどのようなものですか。
Q14
労働契約法が適用されないのはどのような人ですか。
Q15
労働契約法に違反した場合に罰則はありますか。