弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

民事再生

Q1
民事再生法は、なぜ、どのようにして作られたのですか。
Q2
再生手続はどのような手続ですか。
Q3
再生手続と他の倒産手続との異同について説明してください。
Q4
再生手続上の債務者と債権者の地位について説明してください。
Q5
再生手続はどのような場合に申立てすることができますか。
Q6
再生手続の開始のための審理はどのように行われますか。
Q7
再生手続開始の効力と、再生手続上の機関について説明してください。
Q8
再生債権とはどのような債権ですか。それ以外の債権はどのように扱われますか。
Q9
再生債権の届出はどのようにするのですか。
Q10
再生債権の調査・確定手続について説明してください。
Q11
再生手続開始が取引に与える影響について教えてください。
Q12
否認権とは、どのような権利ですか。(更新中)
Q13
再生手続では相殺が制限されるのですか。
Q14
事業再建のために営業譲渡ができると聞きましたが、どのような制度ですか。
Q15
担保権を消滅させる制度があると聞きましたが、その内容を説明してください。
Q16
再生計画はどのようにして作られるのですか。再生計画の条項についても説明してください。
Q17
再生計画の決議と認可の手続きについて説明してください。
Q18
再生計画認可の効力について説明してください。
Q19
再生手続の終了について説明してください。
Q20
簡易再生や同意再生について説明してください。