弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

個人破産

Q1
破産手続はどのようなものですか。
Q2
破産手続の意味を説明してください。
Q3
免責とはどのようなものですか。
Q4
同時廃止とはどのようなものですか。
Q5
少額管財について説明してください。
Q6
破産管財人について説明してください。
Q7
住宅ローンがあるのですが、破産すると競売されますか。
Q8
勤務先に退職金規程がある場合には、破産するのにお金を用意しなければならない時があると聞きましたが、本当ですか。
Q9
割賦で購入していた乗用車は返さないといけないのですか。
Q10
破産しても生命保険は残りますか。
Q11
私が破産すると、保証人はどうなりますか。
Q12
破産すると何か身分上の不利益が生じますか。
Q13
破産するとクレジットを利用できなくなるのですか。
Q14
免責されないのは、どのような場合ですか。
Q15
浪費に当たるのはどのような行為ですか。(更新中)
Q16
賭博その他の射幸行為に当たるのはどのような行為ですか。
Q17
詐術とはどのような行為を言うのですか。
Q18
債権者から免責に対する異議の申し出があった場合は、どうなるのですか。
Q19
債務を整理するための破産の利用に制限はありますか。(更新中)
Q20
破産法には罰則規定があるそうですが、どのような場合に処罰されるのですか。(更新中)