ホーム Q&A > 経営承継円滑化法

Q&A

Q 1 「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」(以下「本法」といいます。)が制定された背景は何ですか。
Q 2 中小企業の事業承継について、従前、どのような問題点が生じていましたか。
Q 3 事業承継協議会は、今までに、どのようなガイドラインや中間報告を策定・公表しましたか。
Q 4 本法の対象となる「中小企業者」の範囲を教えてください。
Q 5 遺留分に関する民法の特例として2種類の合意が定められたとのことですが、具体的に説明してください。
Q 6 A、B、Cという3人の子供をもつ被相続人Xの遺産の範囲として、現金2000万円、自宅の土地建物(価値は2000万円)、Xの経営する株式会社Yの工場の土地建物(価値は2000万円)、Yの株式(現時点の価値は9000万円)がある場合に、Yの経営を長男Aに承継させるため、Yの株式全部をAに生前贈与したとき、いわゆる「除外合意」をした場合としない場合ではどのような差が生じますか。
Q 7 A、B、Cという3人の子供をもつ被相続人Xの遺産の範囲として、現金1000万円、自宅の土地建物(価値は2000万円)、Xの経営する株式会社Yの工場の土地建物(価値は3000万円)、Yの株式(現時点の価値は6000万円)がある場合に、Yの経営を長男Aに承継させるため、Yの株式全部をAに生前贈与したが、Xの死亡時にYの株式の価値が1億8000万円になっていた場合、いわゆる「固定合意」をした場合としない場合とでは、どのような差異が生じますか。
Q 8 株式に関する合意をする際に、同時に定めることができる特別の合意としてどのようなものがありますか。
Q 9 民法1043条は遺留分の放棄という手続を認めていますが、固定合意、除外合意の手続は、遺留分の放棄による場合と、どこが異なるのですか。
Q 10 いわゆる「除外合意」、「固定合意」が認められるための「特例中小事業者」、「旧代表者」、「後継者」の範囲を教えて下さい。
Q 11 旧経営者が後継者に株式等の全部を贈与しない場合でも、「除外合意」「固定合意」を行うことは可能ですか。
Q 12 いわゆる「除外合意」、「固定合意」をする具体的な手続について教えてください。
Q 13 いわゆる「固定合意」のためには、株式を評価する必要があると思いますが、取引所の相場のない株式については、どのように評価されるのですか。また、その額の証明は誰がするのですか。
Q 14 いわゆる「除外合意」、「固定合意」が生じる要件について教えて下さい。
Q 15 いわゆる「除外合意」、「固定合意」が効力を失うのはどのような場合ですか。
Q 16 経営者としては、その有する株式すべてを後継者に生前贈与してしまうと将来後継者と仲違いしてしまった場合の不安が残るのですが、対応策がありますか。
Q 17 株式を生前贈与すると多額の税金がかからないか心配なのですが、何か制度がありますか。
Q 18 経営承継のための金融面からの支援としてどのような制度が設けられましたか。また、中小企業庁が経営の承継のために取り組んでいる業務について教えてください。
Q 19 本法はいつ施行されますか。
Q 20 相続税に関して、何か特例措置が設けられましたか。
Q 21 相続人以外の者、例えば従業員に経営を承継させる場合の注意点について教えてください。

▲このページのトップへ