弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

担保執行法制

Q1
担保執行法の平成15年改正の経緯について説明してください。
Q2
主として担保法制に関する改正について説明してください。
Q3
主として執行法制に関する改正点について説明してください。
Q4
労働債権に係る先取特権の規定はどのように改正されましたか。
Q5
債権質の設定に証書は不要になったのですか。
Q6
担保不動産収益執行制度とはどのようなものですか。
Q7
担保不動産収益執行制度と物上代位との関係について説明してください。
Q8
滌除制度はどのように改正されましたか。
Q9
抵当地に築造された建物の一括競売制度に変更がありましたか。
Q10
何故、短期賃借権制度が改正されたのですか。
Q11
建物賃借人の新たな保護制度について説明してください。
Q12
根抵当権の元本確定事由はどのように変更されましたか。
Q13
抵当権に基づく不法占拠者の排除の方策について説明してください。
Q14
競売不動産の内覧制度とはどのようなものですか。
Q15
不動産の明渡執行の実効性の向上策について説明してください。
Q16
間接強制の適用範囲の拡張について説明してください。
Q17
財産開示制度の創設について説明してください。
Q18
養育費等の履行の確保が容易となったのですか。
Q19
動産売買先取特権者の競売が容易になったのですか。
Q20
差押禁止財産の変更について、説明してください。