ホーム Q&A > 性同一性障害者性別取扱特例法

Q&A

Q 1 性同一性障害とはどのようなものですか。
Q 2 日本精神神経学会の特別委員会がまとめた「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第3版)」の内容について説明してください。
Q 3 性同一性障害者性別取扱特例法はどのような法律ですか。
Q 4 性同一性障害者性別取扱特例法の制定の経緯について説明してください。
Q 5 性同一性障害者性別取扱特例法では性同一性障害をどのように定義付していますか。
Q 6 「生物学的に性別が明らかであるとき」とはどのような意味ですか。
Q 7 間性の人はどのような保護が受けられますか。
Q 8 「心理的にはそれとは別の性別‥‥‥であるとの持続的な確信」とはどういうことですか。
Q 9 「自己を身体的及び社会的に他の性別に適合させようとする意思」とはどういうものですか。
Q 10 一定の要件を満たした二人以上の医師の診断の一致を求めた理由は何ですか。
Q 11 性同一性障害者が性別の取扱いの変更の審判を請求するための要件について説明してください。
Q 12 現に未成年の子のいる性同一性障害者を法律の対象外としていることに問題はありませんか。
Q 13 審判の請求をした性同一性障害者の親、兄弟等の親族が性別の変更に反対したときはどうなりますか。
Q 14 性別の取扱いの変更の審判手続きについて説明してください。
Q 15 性別の取扱いの変更の申立てが却下され、これに不服があるときはどうすれば良いですか。
Q 16 性別の取扱いの変更の審判の効果はどのようなものですか。
Q 17 性別の取扱いの変更の審判を受けた人の戸籍はどのようになりますか。
Q 18 性別の取扱いの変更の審判を受けた人が名前も変更したいときは、どのようにすれば良いのですか。
Q 19 性別の取扱いの変更の審判を受けた人に関する行政文書の性別にかかる記載はどうなりますか。
Q 20 性同一性障害者性別取扱特例法の施行日と附則について説明してください。

▲このページのトップへ