弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

債権回収

Q1
担保の目的物としては、不動産以外にどのようなものが考えられますか。
Q2
不動産と比べて、債権や動産を担保の目的物とする場合にはどのようなメリット・デメリットがありますか。
Q3
担保の目的物にできる動産や債権にはどのようなものがありますか。実務上、多く、担保の目的として利用されるものにはどのようなものがあるかも、具体的に教えて下さい。
Q4
動産や債権のうち、法律で担保にとれないと決められているものはありますか。
Q5
金融取引上、動産に設定する担保権としては質権と譲渡担保権が多く利用されると聞きました。そのうち質権はどのような担保権ですか。
Q6
動産質権の設定手続きを教えてください。第三者対抗要件の具備方法も教えてください。
Q7
動産質権の実行方法にはどのようなものがありますか。
Q8
動産質権の実行をしたいのですが、どのような方法で、何を行えばよいのですか。また費用についても教えてください。
Q9
動産質権の実行後に、債務者が破産宣告を受けました。手続きに影響ありますか。
Q10
譲渡担保権とはどのようなものでしょうか。
Q11
(1)動産に譲渡担保権を設定するためにはどのような方法をとればよいですか。 (2)債務者が経営している工場内の、機械や原材料をまとめて担保にとりたいのですが、それは可能でしょうか。 (3)第三者対抗要件の具備方法も教えてください。
Q12
債務者の倉庫内の物品に譲渡担保権を設定していたのですが、火事で全部焼失してしまいました。担保権はなくなってしまうのでしょうか。どのような対処方法がありますか。
Q13
動産や債権に担保権を設定する方法がありますが、そのほかに「事実上の担保」もあると聞きました。  「事実上の担保」とは何ですか?
Q14
債権に設定した担保権はどのようにして実行できるのですか。
Q15
債務者名義の株式に担保権を設定することにしました。どのような方法で設定すればよいでしょうか。
Q16
手形上に担保を設定したいのですが、一般的にどのような方法で手続きしたらよいでしょうか。
Q17
手形を担保にとったところ、不渡りになりました。債権の回収はできないのでしょうか。どのような対処をすればよいですか。
Q18
債務者から、現在居住している賃貸物件の敷金を担保に入れる旨の申し出がありました。敷金は、賃貸借契約が終了しないと返還されないうえ、金額も当初からの特約により減額されることがほとんどだと聞いていますが、(1)敷金も担保にとることができるのでしょうか。(2)また、具体的な敷金の担保設定手続きとしては、どのようにすればいいのでしょうか。
Q19
債権、動産などの、法人の財産に担保設定する際、「利益相反」に該当しないかどうか注意しなければならないと聞きました。「利益相反」とはどのような状態を指すのでしょうか。また、実務上、どのような点に注意して担保設定契約をすればよいのでしょうか。
Q20
貸付先の会社が倒産しそうであるという情報を得ました。今のうちにその会社の持つ動産や債権に担保権を設定して回収を確実にしたいのですが、その際に注意すべきことはありますか。