弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

日常の経済活動と破産手続き

Q1
取引先が破産しました。裁判所から破産手続開始等の通知書が届いたのですが,届出書が入っていません。どうしてですか?
Q2
破産債権の届出方法について教えてください。
Q3
破産債権の届出手続が厳格になったという点について教えてください。
Q4
破産債権相互の優先関係について教えて下さい。
Q5
租税等債権について教えて下さい。
Q6
労働債権について教えて下さい。
Q7
財団債権の中での優先関係について教えてください。
Q8
優先的破産債権の中での優先関係について教えてください。
Q9
劣後的破産債権について教えて下さい。
Q10
賃貸人が破産しました。差入れた敷金はどうなりますか?
Q11
賃借人が破産しました。退去してもらうことは可能でしょうか?
Q12
破産者の保証人ですが,債権者から請求されて弁済をした場合,どうなりますか?
Q13
新法では強制執行の取り扱いが変わったと聞いたのですが,その内容について教えてください。
Q14
新法では否認の時期的要件として「支払不能」基準が導入されたそうですが,「支払不能」の定義について教えてください。
Q15
新設された「担保権消滅制度」について教えてください。
Q16
配当時における別除権の取り扱いが変わったと聞いたのですが,その内容について教えてください。
Q17
自由財産の範囲と実務的な運用について教えてください。
Q18
免責手続と非免責債権について教えてください。