弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

民事保全

Q1
民事保全手続とは何ですか?
Q2
民事保全手続にはどのような種類がありますか?
Q3
仮差押手続きの流れはどのようになっていますか?
Q4
保全命令を申立する裁判所の管轄はどこですか?
Q5
不動産仮差押命令申立事件について、必要書類等は何ですか?
Q6
債権仮差押命令申立事件について、必要書類等は何ですか?
Q7
担保不動産収益執行制度と物上代位との関係について説明してください。
Q8
仮差押に関する保全執行の方法は、どのようになっていますか?
Q9
仮差押決定を取得しましたが、その執行期間はありますか?
Q10
仮差押命令が送達されてきて、内容をみると、当事者目録に「第三債務者」と記載されています。この場合、債務者に債務の履行をすることはできますか?
Q11
保全命令に対して、不服申立の方法はありますか?
Q12
保全異議とは何ですか?
Q13
保全取消とは何ですか?
Q14
「本案不提起による」保全取消とは何ですか?
Q15
「事情変更による」保全取消、「特別事情による」保全取消とは何ですか?
Q16
保全執行に対する救済手段はありますか?また、仮差押解放金とは何ですか?
Q17
財産開示制度の創設について説明してください。
Q18
担保取消方法について教えてください。
Q19
「Q18」記載の担保取消後の担保取戻方法を教えてください。
Q20
仮差押の終了は、どのように行いますか?